射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸道玉突き事故のその後

前方で発生した事故の予見困難、多重衝突で起訴猶予処分 | Response.
2007年5月12日

2006年2月に富山県射水市内の北陸自動車道上り線で発生した車両61台の多重衝突事故について、検察庁・富山地検は9日、特に責任が重いとして業務上過失致傷容疑で書類送検された14人の運転者全員を起訴猶予処分にした。

検察庁・富山地検によると、問題の事故は2006年2月3日夜に発生している。射水市上野付近の北陸自動車道上り線で、大型トラックが中央分離帯に接触する単独事故を発端に、後続のトラックや乗用車など61台が関係する大規模な多重衝突事故が約1.5km区間で断続的に起きた。

警察では車間距離を詰め、さらには事故当時の制限速度(50km/h)に従わず走行したクルマが被害を拡大させたとして、14人の運転者を業務上過失致傷容疑で書類送検していた。

14人のうち13人は衝突直前まで70-90km/hで走行しており、検察では「速度違反の過失があったことは間違いない」としたが、その一方で「前方で衝突事故が発生し、進路が塞がれた状態であるということの予見は困難」と判断。この部分に情状を酌量する余地があるとして、全員を起訴猶予処分としている。

《石田真一》"
スポンサーサイト

大島絵本館でまつり

 射水市の大島絵本館こどもまつりは五日、同館で行われ、エリック・カールの絵本を題 材にした英語の歌やゲームを交えた音楽ステージが午前と午後二回公演され、親子連れを 楽しませた。

 小松市在住で市民劇団を主宰するガート・T・ウエスタハウト金城大准教授が「ガート のおもしろステージ」と題して、エリック・カールの絵本「はらぺこあおむし」と「でき るかな」の二作品をピアノやアコーディオンの弾き語りで歌い聞かせた。「はらぺこあお むし」では、小さな青虫が美しいチョウに成長するまでを描いたストーリーをミュージカ ル風に英語で歌って紹介した。

 午後にはおもちゃ病院ペンギン(高岡市)のスタッフが、壊れたおもちゃの診断と修理 をした。

富山新聞


宮新田橋の架け替え祝う

 射水市の市道松原山の谷線の和田川に架かる宮新田橋開通式は十七日、同市串田の現地 で行われ、関係者や地元住民ら約百人が渡り初めして橋の架け替えを祝った。

 同整備事業は射水市が二〇〇一(平成十三)年から進めてきた。完成した道路は延長二 百八十メートル、幅員十二・五メートル、宮新田橋は橋長二十八・六メートル、桁長二十 八・五メートル、橋梁幅十四・八メートルで、いずれも以前より広くなった。総事業費は 三億八百万円。

 神事、テープカットの後、三世代家族らを先頭に住民らが渡り初めした。完成式では、 明地克弘宮新田自治会長があいさつし、分家静男市長、高橋久和市議会副議長が祝辞を述 べた。夏野元志県議、田所稔前大門町長らが出席し、祝った。"
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20061218005.htm

カニ祭りで、カニ鍋2万食

新湊祭りで、カニがたくさん出たそうです。


  取れたてのカニを振る舞う「新湊カニかに海鮮まつり」が十九日、富山県射水市八幡町の新湊漁港で開かれた。雨にもかかわらず、家族連れなどが来場し、旬の海の幸を堪能した。

  新湊漁協や射水市などでつくる実行委員会主催。漁港では、大漁旗がたなびく中、カニ鍋を食べようと来場者が長い列をつくり、大きなカニ脚をほおばった。二万匹用意したカニ鍋は完売する盛況ぶりだった。

  カニの即売会では、しけの影響で、新湊での水揚げは、少なめだったことから他港で揚がったズワイガニも加えて販売。鮮魚については豊富に取りそろえ、袋いっぱいに買い込む人もいた。

  地球環境を考えるコーナーでは、漁の障害となっているエチゼンクラゲが展示され、地球温暖化の警告ときれいな海づくりについても啓発した。 (高岡支局・榎本真也
中日新聞ホームページへようこそ
行きたかった。

  generated by feedpath

ロシア人強盗現る



 15日夜、射水市の路上でロシア人の男性が、ロシア人とみられる3人組の男に襲われ、現金およそ9000ドルを奪われた事件で犯人はまだ捕まっておらず、警察で引き続き、3人組の男の行方を追ってます。  15日午後5時40分頃、射水市白石の国道8号線の高架橋横の道路上で、自転車に乗っていたロシア人の45歳の男性が、3人組の男にバットのようなもので殴られ、持っていた現金およそ9000ドル、日本円にしておよそ100万円を奪われました。  男性は近くの中古車販売店に助けを求め店にいた日本人経営者が110番通報しました。  射水警察署の調べでは、3人は道路脇の草むらから現れ、ロシア語で「金はどこだ」と脅したということで、ロシア人と見られています。  1人は黒っぽい服装でしたが残る2人の服装などはわかっていません。  襲われた男性は、15日ロシアからの定期貨客船で高岡市の万葉埠頭に到着したばかりでした。  犯人らはまだ捕まっておらず、射水警察署では捜査本部を設置し、およそ100人体制で目撃者を探すなどして、引き続き、捜査を進めています。
KNB NEWS|KNB WEB

港があるためか、ロシア人よくみかけますが、とうとう犯罪まで反省してしまいました。

  generated by feedpath
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。