射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射水市の新年度予算規模340億

射水市の分家市長は、3日合併後初の本格的な予算となる新年度予算案の規模について一般会計はおよそ340億円、介護保険などの特別会計はおよそ288億円となることを明らかにしました。

 これは3日の記者会見で分家市長が明らかにしたものです。

 それによりますと射水市の新年度予算案は、一般会計がおよそ340億円で、この中には、小学3年生までの医療費の無料化や、市の統合庁舎建設に向けた調査費などを盛り込む方針です。

 しかし、国の三位一体の改革による地方交付税の削減などで34億円の財源不足が見込まれていて、合併特例債や臨時財政対策債などで補うとしています。

 また病院と上水道の企業会計を除いた特別会計は、およそ288億円となる見通しで、射水市では、今月21日頃に新年度予算案を発表する予定です。

 一方、今年9月に閉店することになった旧大島町のショッピングセンターアプリオについて分家市長は、NPO法人を入居させ、高齢者や子供の憩いの場とした旧新湊市のショッピングセンターを例に出し、「市としても建物を生かす方法を一緒になって考えたい」と述べました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。