射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業産業まつり行われる



射水で市農業産業まつり ヘチマ投げで盛り上がる会場=射水市小杉総合体育センターで  第一回射水市農業産業まつり(同市、JAいみず野主催)が二十八、二十九の両日、射水市戸破の同市小杉総合体育センターで開かれた。射水市誕生前の旧五市町村で行われていた「小杉町産業フェア」「大門町産業まつり」などの産業まつり、農業まつりを統合した。  会場は庄川(新湊地区)のネギや、池多(小杉地区)のリンゴなど、同市内外の特産品や農産物、市内企業の商品が販売され、会場は大勢の人でにぎわった。  ステージでは、ヘチマ投げコンテストもあった。少年野球「大島ベアーズ」のメンバーや一般客らが子ども二人、大人一人のチームでヘチマを投げ、飛距離を競った。約十五メートルの大記録が出るなど、大いに盛り上がった。 
中日新聞ホームページへようこそ
  generated by feedpath
スポンサーサイト

>KNB NEWS|KNB WEB

庄川に行ってみたい

 22日の富山県内は良い天気に恵まれ、射水市では、庄川の川辺を歩くウオーキング大会が開かれました。  この大会は、庄川の自然に親しみながら健康増進につなげてもらおうと、射水市などが毎年開いています。  子どもからお年寄りまで500人余りが参加し、午前10時半に大門カイトパークを一斉にスタートしました。  コースは、庄川の河川敷から南郷大橋と大門大橋を回る一周8キロです。  ウォーキングは体力増進の他、高血圧など生活習慣病の予防にも効果的とされていて、参加した人たちは、庄川の秋の風景を楽しみながら心地よい汗を流していました。
KNB NEWS|KNB WEB
  generated by feedpath

鉄道の日 万葉線で鉄道祭り



 10月14日は、「鉄道の日」です。
 高岡市の万葉線株式会社では「電車まつり」が開かれ、家族連れや電車ファンで賑わいました。

  「電車まつり」は高岡市と射水市とを結ぶ路面電車の万葉線株式会社が鉄道の日を記念して開いたもので会場の米島車庫では低床式新型車両「アイトラム」のミニチュア電車の乗車会が行われました。

  自由に乗り込むことのできる「ねこ電車」には、地元の保育園の園児が描いた絵が展示してあり子ども達の人気を集めていた他、車両の前で記念撮影する家族連れや鉄道ファンもいました。

  また会場では、「アイトラム」をデザインしたグッズや実際に使われていたレールの断面、駅名の看板、時刻表などの販売コーナーもあり、たくさんの人が買い求めていました。
KNB NEWS|KNB WEB
  generated by feedpath

北朝鮮核実験で、射水市の県環境センター空気中放射線を測定


 北朝鮮が、9日地下核実験を行ったと発表したのを受けて、県は、10日朝、部局長会議を開き、県内では放射線の量に異常がないことを確認するとともに、今後も情報の収集と関係機関との連携を図ることを申し合わせました。

  10日朝、県庁で開かれた部局長会議では、まず石井知事が「政府や市町村などとの連携を図り、最新の情報を共有することが必要だ」と述べました。
  各部局がこれまでに収集した情報のうち、射水市の県環境科学センターで測定している空気中の放射線量については10日午前7時までに異常は見られなかったということです。  今後は文部科学省からの指示に基づき、24時間体制で大気中を浮遊する粉塵や水分を採取して、どのような放射性物質が含まれているか分析します。
  また県警察本部は、北朝鮮関連施設で警戒・警備を強化していることを報告しました。
KNB NEWS|KNB WEB
北朝鮮が核実験を行いました。
もし放射能事故が起きた場合は、日本海に面している富山県の漁業関係は大きなダメージを受けることになりました。

そう言うことのないようにしてもらいたいところです。

  generated by feedpath

小杉総合体育センターでキラリカップサッカー



第十五回キラリカップ幼児サッカー大会(とやま幼児サッカー協議会主催、富山新聞社 共催、ラジオたかおかなど後援)は八日、射水市小杉総合体育センターで行われ、五十六 チームの園児約三百五十人が熱戦を繰り広げた。  

予選リーグと決勝トーナメントで争った結果、年長男子は滑川インパルス、同女子は高 岡第一学園附属第二幼稚園の「第二キッズB」が優勝し、年中の部は、いずみ幼稚園(高 岡市)の「いずみコスモキッズJr」が制した。

大会は県内のサッカー人口の拡大を目的に、毎年春と秋に行われている。大会には、と やま幼児サッカー協議会長の分家静男射水市長も訪れ、選手を激励した。閉会式では県サ ッカー協会の示森昇副会長、富山新聞社の堀昌章高岡支社長が表彰状などを手渡した。
きょうのニュース富山新聞
柳沢に続く選手が、この中から現れるといいですね。


  generated by feedpath

岐阜のスーパー・バロー出店で北陸スーパー戦争勃発か

岐阜県の食品スーパー・バローの北陸出店計画が明らかになり、波紋を呼んでいます。


 バローは、北陸だけで年商一千億円を目標に五年で二十五店前 後増やす方針で、当面は富山で出店攻勢を掛けるという。地場同士が出店競争を繰り広げ る激戦区・富山で、あえて三つどもえの戦いを挑む形となり、「オーバーストア」状態に 拍車が掛かるのは必至だ。

  だが、富山の地場スーパーも負けてはいない。アルビス(射水市)、大阪屋ショップ( 富山市)の両雄は、今後三年ほどで、合わせて二十三店舗の出店を計画している。
  アルビスは、昨年七月の大阪屋ショップなどのグループ離脱分を補うため、石川、福井 へ店舗網を拡大。三―四年で、直営店を現状の四十店舗(富山二十四、石川十五、福井一 店)から五十四店舗に増やし、四百六十億円の年商を六百八十億円に引き上げる計画だ。
  富山で十九店を運営する大阪屋ショップは三年間で九店舗を増やし、年商を百五十億円 増の五百億円とする目標を立てている。平村文男社長は「他社の出店は怖くない。石川へ の進出も積極的に考える」と強気の姿勢を崩さない。
北陸の経済ニュース

大門町のユニーが潰れたと思ったら、大阪屋が出店するそうです。

しかし、富山の人口を考えると完全にオーバーストア状態です。

我が町のアルビスグループも安心できません。魚がやすくていい店なんです。

  generated by feedpath

ネオ・センチュリー・ランとやま



「第十八回ネオ・センチュリー・ランとやま二〇〇六」(日本サイクリング協会、県サイクリング協会主催)が一日、射水市の太閤山ランドを発着点に開かれた。県内外から約八十人が参加。桜ケ池(南砺市西原)や庄川水記念公園(砺波市庄川町金屋)を巡る約百キロのコースに挑んだ。  開会式で、県サイクリング協会の村田邦夫理事長があいさつ。スタートの掛け声で、ロードレーサーにまたがった参加者は一斉にペダルをこぎだし、初秋の景色を楽しみながら快走していた。 (高瀬俊也)
中日新聞ホームページへようこそ
  generated by feedpath
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。