射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉線低床式新型車両「アイトラム」納車

  高岡市と射水市を結ぶ路面電車「万葉線」に低床式新型車両「アイトラム」の3号車が20日納車されました。

 高岡市荻布にお目見えしたこの車両は、万葉線株式会社が国や県などの補助を受けて2億2000万円で購入したもので低床式の新型車輌「アイトラム」としては3号車になります。

  路面電車の車庫では20日、高岡市の橘市長や万葉線株式会社の竹平社長ら関係者が出席して納車式が行われ、新型車輌の安全運行を祈りました。  この車輌も赤を基調とした車体で、電車を乗り降りする際の段差が小さい低床式となっています。

  アイトラムの3号車は、整備を行った後、年内に試運転をはじめ、早ければ来年2月から営業運転を開始する予定です。
  また万葉線株式会社では、先月末で第3セクター後の乗客が500万人を突破したことを記念し、通常800円のところを500円にした一日フリー乗車券を20日から販売しています。
  販売期間は来年2月末までです。
KNB NEWS|KNB WEB
  generated by feedpath
スポンサーサイト

宮新田橋の架け替え祝う

 射水市の市道松原山の谷線の和田川に架かる宮新田橋開通式は十七日、同市串田の現地 で行われ、関係者や地元住民ら約百人が渡り初めして橋の架け替えを祝った。

 同整備事業は射水市が二〇〇一(平成十三)年から進めてきた。完成した道路は延長二 百八十メートル、幅員十二・五メートル、宮新田橋は橋長二十八・六メートル、桁長二十 八・五メートル、橋梁幅十四・八メートルで、いずれも以前より広くなった。総事業費は 三億八百万円。

 神事、テープカットの後、三世代家族らを先頭に住民らが渡り初めした。完成式では、 明地克弘宮新田自治会長があいさつし、分家静男市長、高橋久和市議会副議長が祝辞を述 べた。夏野元志県議、田所稔前大門町長らが出席し、祝った。"
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20061218005.htm

万葉線利用客500万人突破


高岡市と射水市を結ぶ万葉線が第3セクターになってからの利用者が、このほど500万人を超えました。

  万葉線は、利用者の減少から存続が危ぶまれた時期もありましたが、行政が支援に乗り出し、平成14年からは第3セクターの万葉線株式会社が運行しています。

  その後、年間の利用者は4年連続して前の年度を上回り、昨年度は113万人、今年度は先月末までの利用者が77万人余りで、第3セクターとなってからの累積利用者は500万7813人となりました。

  これを受けて万葉線株式会社は今月20日から来年2月末まで1日フリー乗車券を通常よりも割安にして販売します。
  一方、万葉線を支えている市民団体「RACDA高岡」の会長、島正範さんが高岡駅地下街で営む洋品店では、利用者500万人突破を記念して万葉線のマークに使われている青と緑の2種類のネクタイを限定販売しています。
KNB NEWS|KNB WEB

ネクタイ欲しい
  generated by feedpath

射水市消防本部・高規格救急車を導入


 射水市消防本部は七日、新たに導入した高規格救急車を、同市本町の新湊消防署で分家静男市長らにお披露目した。この日のうちに同消防署東部出張所(同市草岡町)に配備。高度な救急救命活動に役立てる。

  この救急車は、一九九四年導入の旧車両の更新。悪天候や悪路にも強い四輪駆動車でカーナビゲーションなども装備した。自動体外式除細動器(AED)や人工呼吸器のほか、搬送中、患者の心臓を自動で絶え間なくマッサージできる自動心肺蘇生(そせい)器も備えた。従来の救急車に比べ、車内も広く、救急隊員の活動スペースが広がった。

  購入費は国、県の補助も受け三千百三十七万円。大規模災害時に県内外に出動する国の緊急消防援助隊の車両にも登録された。 
(北陸中日新聞より)

この救急車の導入で、一人でも多く助かるなれば、税金も生きるのではないかと思います。
  generated by feedpath

アプリオ改め大阪屋開店


射水市小島のショッピングセンター「アプリオ」に出店する食品スーパー「大阪屋ショップ」(富山市赤田)アプリオ店のしゅん工式が六日、現地であった。七日に開店する。

  アプリオは一九八九年の開店から、大手スーパー「ユニー」の「アプリオ・ユニー大島店」が営業していたが、業績不振のため九月に撤退。ユニーが管理運営していたテナントも六十店以上あったピーク時から半分以下に減り、ユニー撤退に合わせて全店が閉店した。

  大阪屋ショップアプリオ店は、県内で二十店舗目で、県西部では二店舗目。売り場面積はアプリオ一階の約千八百十五平方メートル。生花店などのテナント三店も同時にオープンする。

  式では、平邑文男代表取締役らが店舗の発展を願った。大阪屋ショップアプリオ店は七-十日までオープン記念セールとして、通常の開店時間の午前十時を一時間早め、午前九時から営業する。
中日新聞
旧大島町の皆さんが待っていた、大阪屋ついに開店です。
我が家にも新聞折り込み広告が入っていました。
スーパー出店が過剰気味といわれる富山県ですが、どのようになるか楽しみです。

車があれば、小島の人も イオン高岡、イータウン(アルビス)、いみずの、アルプラザ、キハナも含めればいろいろと店があります。

競争で安くなるのはうれしいですが、前のように閉店にならないことを望みます。

  generated by feedpath

児童の詞に曲つける 作曲家聖川さんが母校で


  射水市堀岡小の「なでしこ公開学習」は二日、同校で行われ、同小卒業生の作曲家聖川 湧さんが特別講演するとともに、児童から募った詞に曲をつけて完成した三作品を全校児 童や保護者の前で披露した

。  聖川さんは四年連続で同校を訪れ、今回は前年の講演主題だった「ふるさと」をテーマ に児童が作った詞の中から三作を選んで作曲、講演会でピアノを弾いて披露した。

  講演会では「思いやり」をテーマに、家族そろって朝食を取るなど触れ合いの場を多く 持つことや、地域の人に見守られていることを忘れないようにしようと語りかけた。
富山新聞・きょうのニュース
  generated by feedpath
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。