射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その名は「きときとバス」(市コミュニティバス)名付け親表彰



名付け親”5人を表彰 射水「きときとバス」

  射水市は二十日、市役所小杉庁舎で、市コミュニティバスの愛称「きときとバス」の“名付け親”となった小中学生五人を表彰した。実証運行が続く同バスは四月一日から本格運行される。

  愛称募集には市民から六百七十一点の応募があった。その中から、大門小四年中川郁哉君、小杉小五年渋田浩司君、放生津小五年宮本実奈さん、新湊南部中二年折橋龍太郎君、奈古中二年野村健太君の五人がいずれも「きときとバス」の名称を寄せ、そろって最優秀賞に選ばれた。この日は分家静男市長から全員に表彰状が手渡された。

  野村君は「(名称は)普通に思いついたが、五人が名付けたということは、多くの人に受け入れられやすい言葉だということ。バスにもたくさんの人が乗ってほしい」と話した。分家市長は「みんなの温かい気持ちが伝わってきた。愛されるバスになるよう頑張ります」と答えていた。 (出口有紀)
中日新聞ホームページへようこそ

合併して便利になったのは、コミュニティバスが結構こまめに走ってくれるようになったことです。
車でもっぱら移動していますが、たまには利用したいと思います。

  generated by feedpath
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。