射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食から、中国産食材使用取りやめへ

中国製食材の話が、ニュースになり、食の安全が問題になっています。

このうち射水市は、先月の時点では一部使用する予定でしたが、「中国で作られた安全証明書の信頼性にも疑問がある」として、当面は一切使わないことを決めました。 砺波市、魚津市、朝日町、入善町は原則として使用しませんが加工品の一部に中国産の食材が含まれていてかわりがない場合などは、安全性が確認できれば一部使用するとしています。 中国産食材の使用見合わせを受けて、給食の現場は対応に追われました。 富山市では、2学期の給食の献立は今年3月には既に決まっていて、349品目の食材のうち、春雨や乾燥ワカメ・米ヒジキなど30品目が中国産でしたが、その使用を取り止めました。 国内産に変更したことで大きく変わったのはコストです。
KNB NEWS|KNB WEB
確かに、コストはかかりますが、日本全体の産業から入っても、日本の食材はほとんど輸出できないものが多いです。

ただでさえ食糧自給率も低く、農家も後継者不足で悩んでいる時期です。

すくなくとも、中国産よりは安全な国産を使いたいと思います。

  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。