射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内川沿いに『川の駅』



射水市は、十九日に開かれた市議会産業建設委員会で運河・内川の風景を利用した休憩施設「川の駅」(仮称)を内川沿いに建設する計画を明らかにした。

  市都市計画課によると、まちづくり交付金事業の一環で、建設予定地は同市立町の旧放生津公民館跡地約五百三十平方メートル。建物は鉄骨二階建てで、内川の観光遊覧船の停船所として機能するほか、中には「新湊曳山(ひきやま)まつり」の山車二台の常設展示や地元特産品の紹介コーナー、多目的スペースも設ける予定という。

 この日の委員会では、森俊偉・金沢工大教授が主宰する「森俊偉+ARCO建築・計画事務所」が設計者に決定したことが報告された。
 同課は十二月補正予算に事業費を計上、議決を経て、来年十月の完成を目指す方針で「射水の魅力を発信し、人をまちなかに呼び込む施設となるようにしたい」と話している。 (高瀬俊也)
中日新聞:内川沿いに『川の駅』 射水市が休憩施設計画:富山(CHUNICHI Web)

これはいいですね。

  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。