射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏝絵(こてえ)のまち小杉」を目指して



蔵の戸を看板に 富山・射水のギャラリー、南砺の石崎さんが制作

「鏝絵(こてえ)のまち小杉」を目指して射水市の小杉商工会が進める鏝絵看板づくり の新しい一枚として、同市戸破のギャラリー・茶房「酒蔵のある和空間ち一庵(いつあん )」の看板制作が、南砺市岩武新の左官業石崎勝紀さん宅で進んでいる。

三十一日には店 主の森永醸治さん(49)が見学に訪れ、街並みの新たな顔の完成に期待を寄せた。

 看板は、造り酒屋だった森永酒店の道具蔵の「泥戸(つちど)」を利用し、「ち一庵」 の字と森永酒店の字、さらに雁の家紋が漆喰(しっくい)で描かれている。  射水市の書家植木寿仙さん揮毫(きごう)の「ち一庵」の字は、漆喰を盛り上げ、麻布 を押し付けることで布目の紋様に施した。「森永酒店」の字は周囲をへこませて浮き彫り のようにするなど、細かい技法が見られる。

  作業のようすを見た森永さんは「大変に風格のある出来になっている」と話した。六月 中旬、軒先に掲げられる。
富山新聞ホームページ - 富山のニュース

とても楽しみですね。



  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/106-bc4b5281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。