射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア・アフリカの古布展 小杉展示館にて開催



   アジアやアフリカ各地で百年以上も前に織られた古布を紹介する企画展「アジア・アフリカの古布展」が十七日まで、射水市戸破の市小杉展示館で開かれている。 

展示してあるのは、同市戸破の無職梶川毅さん(68)と妻アサ子さん(65)が集めた二十八点。アサ子さんが日本の古布が好きだったことから、約三十年前から県内外の専門店を巡るなどして収集した。古布を通し、アジアやアフリカの人たちの暮らしや文化を知ってもらおうと初めて展示した。

  カラフルな刺しゅうのように見える模様が、実は織ってあるブータンの「縫取織(ぬいとりおり)」や綿織物に花鳥文様を手がきで染めてあるインドネシア・ジャワ島の「更紗(さらさ)」など大胆な模様が繊細な手仕事によって施されている古布の数々を間近に見ることができる。

  梶川さん夫妻は「各地域で織り方や文様が異なるが、どれも大胆で自由なデザイン。見ていて楽しくなるので、ぜひ鑑賞してほしい」と話している。展示は午前十-午後六時、入館無料。問い合わせは、同館=電話0766(55)3338=へ。 
中日新聞:大胆で自由な織り方に感動 アジア・アフリカの古布展 :富山(CHUNICHI Web)
  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/111-62689e16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。