射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射水市麺類組合が施設慰問

入所者ら笑顔
  射水市麺(めん)類組合は十八日、射水市七美の知的障害者援護施設「いみず苑」で、入所者や職員らの昼食に、作りたてのラーメンなどを振る舞い、喜ばれた。
  同組合は二〇〇五年から毎年この時期に訪問し、入所者たちのために善意の腕を振るっている。
  今年は、組合加盟の市内二十一店のうち、谷口明夫組合長(戸破)ら六人が参加。早朝からスープを仕込み、いみず苑の入所者と併設の授産作業所通所者ら百三十七人分を含む計百七十食分のラーメンと酢豚丼をこしらえた。
  ラーメンは豚骨と鶏がらのだしをベースにしたしょうゆ味。いい香りが食堂中に漂った。入所者たちは配膳(はいぜん)を待ちわび、ラーメンが運ばれると、勢いよくスープをすすり、めんを口に運んでいた。
 谷口組合長は「これから暑さが続く。食欲が出るようなものを食べてもらいたいという思いでラーメンを作りました」と話していた。 (出口有紀)
中日新聞:ラーメン食べ 心も温か 射水市麺類組合が施設慰問:富山(CHUNICHI Web)
  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/112-21c83c14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。