射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射水市の各体育館にネーミングライツ制度を導入



  射水市は市内の各体育館に企業の社名やブランド名などをつける、いわゆるネーミングライツ制度を導入すると発表しました。
  これは27日、射水市の分家市長が定例会見で明らかにしたもので、対象となるのは、新湊総合体育館や小杉総合体育センターなど市内6つの体育館です。
  ネーミングライツ、日本語で「施設命名権」とは、スポーツ施設や文化施設にスポンサーとなる企業の会社名やブランド名をつける権利のことで国内では、福岡ドームの「福岡ヤフージャパンドーム」などが有名です。

  県内では、路面電車の電停に企業名がついているものがありますが、射水市によりますと、公共のスポーツ施設でネーミングライツ制度を導入するのは県内で初めてだということです。
  契約期間は3年、または5年で来月10日から1か月間かけてスポンサーを募集します。
  射水市では、募集開始までに具体的な契約金の希望金額などを決定したいとしています。
KNB NEWS|KNB WEB
  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/135-9382256e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。