射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小杉丸山遺跡窯焼フェスティバル

国指定史跡で飛鳥時代後期(七世紀後半)の窯跡などが見つかっている小杉町流通センター青井谷の小杉丸山遺跡で一日、県教委などが主催する「第八回小杉丸山遺跡窯焼フェスティバル」で県民が制作した陶芸作品約八十点の窯出しがあった。

 小杉丸山遺跡では瓦や須恵器(すえき)と呼ばれる土器生産用の窯跡などが見つかっている。また、遺跡には現代風に復元した須恵器窯もある。

 参加者らは八月に信楽焼や備前焼などに使われる土を使って花器や皿を制作。九月二十三日に作品を須恵器窯に入れ、二昼夜半にわたり、参加者が交代してアカマツの薪をくべて約千三百度の火で焼き上げた。取り出した作品は灰釉(かいゆう)と呼ばれる灰で、砂をまぶしたような光沢のある色合いに。参加者はできたての作品を、大事そうに手に取って眺めていた。

 約四十点の作品は同遺跡にある飛鳥工人の館で展示されるそうです。
 中日新聞より
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/20-3923fba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。