射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長選(吉田候補)

13政策「必ず実行」 吉田 力氏(58)無新 




 三位一体改革(国と地方の税財政改革)が進められる今、「地方自治体も知恵の創出が求められる」と語る。

 目指すは「母性を大事にする市」だ。児童医療費の小学6年までの順次無料化などを掲げる。

 また、各自治会に道路照明灯の設置など、住民が使途を決め実施できる予算を付け、市民参画の場を創出する。

 新市の課題には観光を挙げる。祭りや寺などの文化から農産物、海産物の食材がそろう。名所、旧跡をたどる観光から農家民宿など自然体験型の観光を目指す。「今後は他地域との競争へ突入する。魅力ある市でなければ人口も流出する」と危機感を強める。

 13項目のマニフェストを作り、政策の試算額、期限を明記した。実行できなければ「やめなければならない」と語る。

 長所は「控えめなところ」だという。国会議員などを務めた父、実氏の秘書になって以来、35年の政治経験を持つ。「強く出ると修復に手間がかかる」ということを学んだ。

 「忍耐や思いやる心など、政治の核心部分について修行してきた。多くの人と共に幸せな地域作りを考えたい」

■座右の銘は「融和」

 趣味は囲碁、読書など。尊敬する人は故松村謙三と故正力松太郎の両氏。「松村氏のように『一途さ』があり、正力氏のように『時代の先端を読む力』を兼ね備えた人物になりたい」。座右の銘は「融和」だという。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/26-d2fcb4e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。