射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今春廃校の小学校で卒業式

 この春卒業式が行われていますが、射水市では、少子化と合併で、廃校になる小学校が3校あります。

 その旧大門町(現・射水市)の浅井、櫛田両小では、最後の卒業生が校舎への愛着を胸に巣立ちした。在校生らは4月から現・大門小に通う児童とともに新「大門小」へ編入される。

 「夢は世界一のパティシエになること」-。射水市串田の櫛田小学校(麻畠典子校長)では十八人が希望を胸に学びやを後にした。

 卒業証書を受け取った児童は一人ずつ壇上に立ち、将来の夢や学校生活一番の思い出を披露した。

 児童らは将来の夢に大工や通訳、看護師、宇宙飛行士などを挙げた。また「立山集団登山で頂上まで登った」「転校してきてもみんな仲良くしてくれた」など回顧する児童もおり、目頭を押さえる父母の姿も見られた。

 麻畠校長は式辞で、武者小路実篤の言葉「仲良きことは美しきかな」を引用し、「この言葉は、力を合わせてきた皆さんの姿そのもの。この小学校で育ったことを誇りに思ってください」と諭した。

 ソース 北陸中日新聞より



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/37-6404487a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。