射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射水市コミュニティバス 実証運行スタート

全21路線 市内全域を網羅

 来年四月一日の本格運行開始を目指し、射水市は三十一日、「市コミュニティバス」の実証運行を始めた。対象は新湊地区ですでに運行されている八路線を除く十三路線。市内全域を網羅するコミュニティーバス運行は県内で初めてという。  市コミュニティバスは全二十一路線で総延長は四百八キロ。小杉地区を運行していたコミュニティバス五路線は再編され、十三路線の中に組み込まれた。  各路線は、JR小杉駅、射水市民病院など四地点を起点とし、乗り継げば、各地区の公共施設や商業施設へ行ける。運行時間は路線により異なるが、毎日午前六-午後七時の間で三十分-二時間ごとに一便の運行となる。  運賃は「市民病院・小杉駅線」など利便性の高い七路線で二百円、このほかは百円。土日・祝日のみ運行の「新港東口・ライトレール線」は五百円。  実証運行は、海王交通(射水市)加越能鉄道(高岡市)富山地方鉄道(富山市)に委託し、来年三月末まで実施する。期間中、乗客にダイヤやバス停の位置などについて、聞き取り調査し、本格運行に備える。  市役所大門庁舎で開かれた発車式で、テープカットをした分家静男市長は「市内全域をカバーするバスは全国でも先駆け。市民の交通手段として、コミュニケーションを深める道具として使ってもらえれば」とあいさつ。地元の子どもたちとバスに乗り込み、実証運行の始まりを喜んだ。 
中日新聞ホームページへようこそ
射水市は車社会ですから、こういうバスができるのは、子供や運転できない人にとっては有り難いですね。

  generated by feedpath
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/73-b1565a8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。