射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山新港に麻薬探知犬の犬舎が完成



 日本海側の麻薬密輸の取り締まり強化のため、射水市の富山新港に先月下旬、麻薬探知 犬の犬舎が完成した。捜査のたびに大阪税関から”出張”してくる探知犬がリラックスし て滞在できる環境を整え、検査の効率を上げることが狙いだ。犬舎を利用した探知犬は、 早くも大麻密輸事件の摘発に貢献する活躍をみせており、同税関伏木税関支署は犬舎の機 能をフル活用し、犬の能力を最大限に引き出す考えである。

 大阪税関が設置した犬舎は、約五百平方メートルの敷地に三頭分のおりと管理室、広々 とした運動用広場を備える。麻薬探知犬は県内に常駐しておらず、従来は専用の輸送車で 大阪から運ばれ、一泊二日の日程で富山、石川県の港や空港などでの麻薬検査にあたって いた。

 しかし、ハードスケジュールに加え、犬をゆっくり休ませる場所がなかったために犬の 体に負担がかかり、検査の回数も限定されていた。従来は、一泊二日の出張が年四、五回 程度に限られていたが、犬舎完成によって犬が一週間程度滞在して探知活動にあたること ができるようになり、出張回数も月一、二回に増やすことが可能となった。

 先月二十四日に犬舎の供用が始まった直後の二十五日、犬舎に滞在中の麻薬探知犬・ス カイ号が早速、手柄を上げた。伏木税関支署と伏木海上保安部が伏木港に入港したロシア 船籍の定期客船に合同で立ち入り検査をした際、スカイ号はロシア国籍の船員の男の異様 なにおいをかぎつけ、船員が大麻を隠し持っていたことを突き止めた。船員は、大麻取締 法違反の現行犯で逮捕、富山地検高岡支部に送致された。

  伏木税関支署は、麻薬探知犬が十分な能力を発揮するためには、日ごろの訓練と体調管 理が必要と強調しており「犬の体調を万全にすることで、麻薬密輸の水際阻止につなげた い」としている。
富山新聞・きょうのニュース
  generated by feedpath
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/74-679fbf54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。