射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『寄席電』 走る



 路面電車が演芸場に?-。

高岡、射水両市を走る路面電車「万葉線」で三月十一日、車内で漫才、落語を楽しめる「寄席電」が運行される。計三本の運行で、参加無料。今月六日から参加者を受け付ける。

  万葉線対策協議会と高岡市公共交通利用促進協議会の主催。万葉線乗車五百万人達成と新型低床車両「アイトラム」3号車導入を記念して企画した。環境と経済をともに良くしようという環境省「平成のまほろば事業」の補助金を得て行う。
  寄席電には射水市出身の漫才コンビ・藤沢姉弟(きょうだい)や落語家安野家仁楽斎(やすのやにらくさい)、一人コント小林寺(しょうりんじ)、バルーン漫談はいとーくいわき-の皆さんが乗車。高岡駅前-越の潟往復の二本、中新湊-高岡駅前往復の一本の計三本でそれぞれ高座を務める。  参加は小学生以上が対象で、定員は各電車五十人。申し込みは電話で先着順に受け付け、定員になり次第締め切る。申し込み、問い合わせは、高岡駅前発着の二本が高岡市地域安全課=電話0766(20)1139、中新湊発着分が射水市生活安全課=電話0766(52)7966=へ。
中日新聞ホームページへようこそ
  generated by feedpath
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/88-cc48d21e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。