射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔『かがやき教室



笑顔『かがやき教室』 本年度最終回 

 射水市の大門小で  射水市大門地区の絵本読み聞かせボランティアグループ・紙ふうせんによる「大門子どもかがやき教室」の二〇〇六年度最後の活動が同市大門小学校であり、子どもたちがこま作りを楽しんだ。

  同グループは、絵本を通して子どもたちと交流を図ろうと、大門地区の主婦ら十三人が会員となって〇一年十月に結成。大門小などで絵本の読み聞かせの授業などを行い、〇五年からは同グループがかがやき教室の活動内容を企画。毎週月曜の午後三時から、〇六年度は二十回開催した。紙芝居や手品などの昔ながらの遊びが好評で、毎回、一~三年生六十人ほどが参加している。

 この日、子どもたちは「びゅんびゅんこまがまわったら」(宮川ひろ作)の読み聞かせを楽しんだ後、大門中一、二年生十七人の指導も受けながら、実際にこの絵本に出てきたこまを作った。  牛乳パックの底部分に思い思いの絵を描いた後、真ん中に糸を通して完成。この糸を左右両側からぐるぐる巻いて引くと、こまは「びゅんびゅん」と音を出し高速で回り、子どもたちは大はしゃぎで遊んでいた。

  紙ふうせんの森きよい代表(71)=同市土合=は「今回で最終回だが、大きくなったら小さい子に物語を読み聞かせられるようになってね」と子どもたちに語りかけていた。 
中日新聞ホームページへようこそ
  generated by feedpath
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/90-6602bf1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。