射水市BLOG

平成17年2月25日に合併協定調印式が挙行され、いよいよ新湊市、小杉町、大門町、大島町、下村が合併して射水市になることが決まりました。このブログでは新しく作られる、射水の歴史を刻んでゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射水市新年度予算案発表



  射水市の新年度予算案が21日発表され一般会計は350億円余りと今年度当初予算に比べ2.8%増えました。
  実質的には緊縮型の予算案としています。
  射水市の新年度予算案は、一般会計で350億4100万円余りで今年度当初予算に比べて、2.8%上回りました。
  これは児童手当や生活保護などの扶助費の増加と新市建設計画に基づく投資的経費の増加などによるもので、分家市長は、「この分を除くと実質的には緊縮型の予算だ」と説明しました。

  主な新規事業では、市役所の統合庁舎建設に向けた基本計画などの策定費に707万円、万葉線の海王丸パークまでの延伸調査などに731万円、北海道以外では射水市が第1号のパークゴルフをブランド化するため、全国大会の開催費に445万円などとなっています。  また「合併特例債」は、今年度のおよそ2倍の28億9900万円活用することにしていて、新しい新湊消防署庁舎の建設や新湊南部中学校の増改築などにあてます。  一方、行財政改革を進め、職員24人の削減や合併後も旧市町村ごとに差があった事務事業109件の見直し、20施設への指定管理者制度の導入などで、およそ4億3000万円節減できたとしています。

  射水市の予算案は、来月1日に開会する市議会に提案されます。
KNB NEWS|KNB WEB
統合庁舎って。。。必要ないと思いますが。
  generated by feedpath
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imizu.blog5.fc2.com/tb.php/93-65467ac8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。